ITノーティス:業務改善(改善の手順)

業務改善は手抜き無く行うことが必要です。次のような手順をご参考に。

①改善の着眼―問題点(おかしいなと思うことや思うところ)を見つける。

②問題の調査―本当(根本)の原因をつかむ。定量的にデータを詳細に手に入れる。

③着想―アイデアを出す。問題点に対する改善策を練る。BSの活用なども有効。

④整理―改善案を出して一つにしぼる。費用対効果、実現性、継続性などバランスの取れた案にする。

⑤改善の実施―組織的に計画表を作成して行う。試行、中間チェック、有識者の知恵の活用などは有効。

⑥フォローアップ―効果の確認。PDCAのサイクルでの継続運用でより効果が出る。

一度行なったからいいだろうではなく、組織挙げて継続的に行うことがより良い効果を生み出します。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/63105511

この記事へのトラックバック一覧です: ITノーティス:業務改善(改善の手順):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ