説話:生死(しょうじ)は車の輪の如し

『命あるものはいつかは死を迎えます。生物にとって生と死は循環するという仏教の教えにある「輪廻転生(りんねてんしょう)」の考え方をあらわしたことわざです。』

「生者必滅(しょうじゃひつめつ)」という表現もあり、何人も死を免れることはできないという意味合いです。

仏教では、「生死」は「しょうじ」と読み、人の一生は悩みの連続で、生・老・病・死の四苦に満ちた人生であり、輪廻転生をしているといわれ、この定めから逃れることはできないものとされています。

「人は生まれた瞬間から死に向かって歩き始めます。ただ、その歩き方は人様々であり、生ある限り真剣に生きることが私たちに与えられた使命です。」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ