説話:子煩悩(こぼんのう)

現在では、「子供を可愛がる」といういみで使われますが、本来の意味合いは、「子供がいる故に迷う親の喜びと悲しみ」を表した言葉です。

子は大切な子孫でありその成長にはたくさんの喜びを見出します。過度な状況、状態でない限りは周囲に微笑ましい雰囲気をかもし出します。

度が過ぎると子供の自立にとって妨げになることもあります。

過保護にせず、親離れ子離れは双方の努力です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ