説話:心頭滅却すれば火も自(おのず)から涼し

禅の悟りをあらわした言葉で、「無念無想の境地に達すれば、火さえも涼しく感じられる、心の持ちかたひとつで、どんな苦難もしのげる」というたとえです。

この言葉は禅の公案(禅の祖師達の具体的な行為・言動を例に取り挙げて、禅の精神を究明するための問題)の中のひとつです。

公案の中には、非合理なものもあり、「禅問答のようだ」という表現をされるものもあります。

非合理の正解というものが数多くあります。このことわざも一般から考えると、現実からは乖離しているかも知れませんが、頭で捉えるというより、心で捉えていただきたいことわざです。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ