情報セキュリティ(法律違反の事例:サーバに進入)

インターネット上で行う行為にも、法律上の責任を問われる場合があります。日本国内における法律違反を例示します。

・プロバイダのサーバに侵入し、サーバに保管されていたホームページの内容を消去したり、書き換えたりした。プロバイダのサーバに保管されていたデータの消去や書き換えは、電子計算機損壊等業務妨害(刑法 第234条の2)に該当する可能性があります。また、書き換えたホームページの内容によっては、わいせつ物頒布等(刑法 第175条)や名誉毀損(刑法 第230条)に該当する可能性があります。

Weサーバの脆弱性(ぜいじゃくせい)を利用してサーバに侵入した。不正アクセス行為の禁止等に関する法律の不正アクセス行為の禁止(第3条)の違反になる可能性があります。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/legal/01.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ