ビジネスノーティス:無責任なプロジェクト

「誰かが考えているだろう。要求事項に入っていないから考えなくてもいいだろう。」などという人ばかりのプロジェクトは、いい提案も、いいアイデアも出るはずもありません。開始時点から既に手抜きが起こっています。

全て自分がやるつもりでの検討・議論が大切です。全員が提起者であり、全員がレビュアーであるという意識が必要です。必ず前向きなアイデアや結論が出ます。そして

・よく確認して→・分担を決め→・スケジュール化し→・情宣し(グループ、チーム内関係者全員に漏れなく)→・仕事を行なう。

ここで重要なことは予め、何か起こった場合の責任の所在を明確化しておくことです。マネジメントの真価が問われます。お飾りだけのトップは単なる贅肉です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ