ビジネスノーティス:メール使用のTPO

最近はビジネス情報のやり取りをメールで行うことが増えています。

メールも重要な文書です。記録が残るというメリットがありますが、しかしこんな意見もあることをご存知ですか。

・仕事の依頼や、重要なやり取りをメールのみで行うのは失礼

・返信が「了解です」の一言は失礼(特に、顧客や上司に対して)

・遅刻の連絡をメールで送るのは失礼(休みの連絡も当然失礼)

などがあります。おのおの意見、反論もあろうかとは思いますが、このように思っている人が居ることは認識しておくべきです。内容、置かれている立場、相手との関係、状況などに合わせて、メール、電話、直接の訪問など使い分ける(組み合わせ含む)ことです。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」(文芸社)より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/63314844

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスノーティス:メール使用のTPO:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ