個人情報保護(教育の実施)

個人情報保護に対する教育は、「教育計画を立て(文書化)維持しなければなりません。事業者は従業者に、個人情報保護マネジメントシステムに(・適合することの重要性及び利点、・に適合するための役割及び責任、・違反した際に予想される結果)理解させ、自覚させ、個人情報保護体制における各々の役割・権限を確実に果たすことができるようにすることです。

適合するための役割と責任とある通り、管理者、責任者、監査責任者には、より高度な教育を実施します。

教育結果を記録する際には、単に教育実施の状況を記録するだけではなく、教育の有効性の確認をすることが必要であり、アンケートや小テストを実施するなどによって従業者の理解度を把握することが重要で、必要に応じて教育内容の見直しを図ることや、教育を受けたことを自覚させる仕組みを取り入れることがいいでしょう。

欠席者にも漏れなく教育することが必要であり、従業者全員に教育を実施したことの記録を残さなければならない。」とされています。

出典:一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)継続教育セミナー(2016.2.23

マキコーポレーション「個人情報保護プライバシーコンサルタント(JCPC)システムノーティス」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ