説話(石の上にも三年)

「どんなに苦しくても大変でも、じっと辛抱すれば必ず報われる。今は耐えろ。石の上にも3年というじゃないか」。これは、何事にも忍耐強さが大切だということを言った言葉です。

この3年という数字には、長い期間(多くの時間、多くの月日など)という意味合いがあります。

「決めたことを、行い続ければ力が身につく」(禅僧である達磨大師は座禅修行を、必ず決めた時刻に、決めただけの時間、1日も欠かさず3年修行を行なったと言われています)。

3年は1095日(又は1096日)で約千日。千という数字は多い数の代名詞でもあり、千里の道とか千里眼などというように使われます。つまり充分多いという意味合いがあります。

このようにいかなることも、欠かさず長く継続してこそ意味がある。それが1ヶ月とか、数日でギブアップなどというのは寂しい限りで、「時々やる」とか「忙しいから今日はしない」というのも感心できません。やはり「継続は力なり」ですかね。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ