日常における情報セキュリティ対策(組織のシステム管理者向け:修正プログラムの適用)

情報セキュリティ対策は、日常的に行っていくことが重要です。情報セキュリティ対策を疎かにしてしまうと、ウイルスに感染してシステムに問題が発生したり、不正アクセスによって情報が流出したりといった被害が発生する可能性があります。このような事態を招かないように例えば、

管理するサーバやパソコン等のOS(オペレーティングシステム)、ルータやスイッチ等のファームウェア、各種ソフトウェアには、最新の修正プログラムを適宜適用し、常に最新のバージョンに更新、維持するようにします。日々新たなウイルスが登場している現状では重要なリスク対策のひとつです。

自動更新が可能なものと手動で行うものがありますので利用にあたっては特性をよく確認しておくことです。

出典:独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンタ『情報セキュリティサイト』

https://www.ipa.go.jp/security/measures/everyday.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ