長期休暇における情報セキュリティ対策

長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況(環境)になりやすく、「・ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合の対処が遅れたり、・SNS等への書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、・場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。日々の監視やチェックが甘くなり、対応が遅くなるリスクがあります。このような事態とならないよう緊急時の対応を明確にし、周知することが大切です。

出典:独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンタ『情報セキュリティサイト』

https://www.ipa.go.jp/security/measures/vacation.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ