説話(通夜は、かつては遺族のみで行われた)

通夜は喪屋(もや)生活の遺風のひとつで、かつては、遺族だけの勤めであったと言われています。

明治以降、友人、知人、近隣の人々まで出向いたほうが良いという考え方になり、人情として今生の別れを惜しみ、遺族を慰めるという気持ちも加わり、近しい方も参列する風習になってきました。

しかし近年では、旧来の風習と作法は異にしますが、通夜、葬儀ともに家族及び親族のみで行うやり方が多くなっています。

信条もあるでしょうが、高額費用がそのきっかけにもなっています。

日本の葬儀費用は世界一高いのです。

又、高額な布施や寄付なども影響して、檀家から離れる人が増えているのも実情です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ