説話(出棺のとき茶碗を割る)

地域にもよりますが、葬儀は霊魂を送る儀礼との考え方から霊魂が帰り来るのを妨げようとする行事(風習)が残っている所があります。

例えば、出棺時に故人が常用していた茶碗を割る風習です。これは俗世間での食物と縁を断ち切ることによって霊が再び戻るのを妨げる呪術とか、故人が現世と縁を断ち切り成仏できるようにと願って行われるものです。この風習が変化して近年では、出棺の際にクラクションを鳴らします。これは、「クラクションを鳴らすことによって、茶碗を割るときの音に見立てる。」ということのようです。

その他、このクラクションを鳴らす意味合いには、「故人から、火葬場までいけない人へのお別れの挨拶」などという意味があるようです。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ