説話(中陰法要と七日七日供養)

宗派にもよりますが、仏教では人が亡くなると次の生との間に中有(ちゅうう)という状態があると考えられています。この状態のことを中陰(ちゅういん)といい、亡くなられてから四十九日間がそれにあたります。

中陰法要(ちゅういんほうよう)は、この間に行う追善供養です。

中陰の間は、人は生と死の中間的存在であり、罪福(ざいふく:悪と善)がまだ定まっていないため、追善供養を行いその罪障(ざいしょう:悪いおこない)から解き放つという考え方があります。

毎七日ごとに悪い境遇(地獄、餓鬼、畜生など)に落ちることのないように供養します。七日ごとに行いますので七日七日供養ともいいます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ