説話(合掌と念珠)

仏教で言うところの合掌とは、お辞儀のことです。

ちなみにインドでは礼儀作法で、中国では手の指を合わせて拱(こまぬく)く拱手(きょうしゅ)、西洋では手と手を握る握手と同じです。

合掌は字のごとく両の掌を合わせることです。まっすぐに指先を伸ばして丁寧に合わせます。

念珠は、自らを清める仏道修行の法具(道具)です。

道具ですから、好き嫌い、こだわりが出るかも知れません。

立派なものを持って外見を飾ろうとします。無理も無いことかも知れませんが、本来の意味合いからは逸脱したことです。

合掌礼拝の法具であることを忘れてはいけません。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ