供養(三途の川)

告別式の最後のお別れで、故人の周囲に供花の花をちぎった「別れ花」を敷き詰め、蓋を閉じ、「釘打ち」の儀式を行ないます。通常、葬儀社の人が蓋の釘を途中まで打ち、その後参列者が一人ずつ小石で軽く(二回)打ちます。(最近では形だけになっているケースが多くあります)

この石は三途の川の石を意味しており、無事に渡れるようにと祈りをこめるのです。仏教において三途の川は、死後七日目に渡るとされている川です。そこには三つの異なる速度の瀬があります。

生前の行いにより渡る方法が異なり、「善人は橋、軽罪の者は浅瀬、重罪の者は流れの速い深み」と言われています。しかしもともとの意味は、悪行を重ねた者が行く三つの世界、「地獄道、畜生道、餓鬼道」が由来のようです。

「未来のために一日一日を大切に、今日はこれから未来への初日です。」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ