日常における情報セキュリティ対策(利用者向け:不審なメールの取り扱いの徹底)

日々届くメールのなかには、ウイルスを組み込んだファイルが添付されていたり、ウイルスに感染させるためのURLが記載されていたりといった可能性があります。これらの添付ファイルを開く、URLをクリックする等によりウイルスに感染してしまう場合があります。

少しでも不審をいだいたメールの添付ファイルやURLは不用意にクリックせずに、システム管理者に連絡します。なお、実在の組織や人物を騙ったり、ごく自然な日本語表現で違和感がなかったりなど、一見では不審をいだきにくい場合があります。

最近ではリンクをクリックするとサービス連携の許可を求める画面に遷移するメールも確認されています。サービス連携を許可することで、電話帳に登録されている宛先に勝手にメールを送信されることもありますので、不用意にサービス連携を許可しないことです。受信したメールの正当性が判断できない場合は、必要に応じてメールの送信者に確認します。

参考:独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンタ『情報セキュリティサイト』

https://www.ipa.go.jp/security/measures/everyday.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ