供養(精進落とし)

もともとは(仏教においては)、家族の一員が亡くなったときくらいは、獣や魚などの生き物の命を奪わないようにしようと努めたのが由来です。

忌明けまでの期間は、家族は肉や魚を食べずに精進料理で過ごし、忌明けと共に日常生活に戻る際に、食卓に肉や魚を並べ精進落としの儀をもって葬儀に対するけじめをつけたのです。

時代の変遷とともに現在では、お世話になった関係者への労いの席として設けられる意味合いが強くなっています。重要なコミュニケーションのひとつです。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ