説話(施餓鬼)

近年、お盆の前後によくお施餓鬼(せがき)の行事があります。縁もゆかりもない餓鬼(供養されていない霊)にほどこす功徳が、自身のご先祖に回り向けられるとされている供養です。

世の中には貧しさや病に苦しんでいる人が多数います。そういう人達に心を馳せる気持ちが大切です。

私達は平素、忙しさの中に埋没しているああまり人としてどう生きるべきかを考えることが疎かになっているかも知れません。お盆を機会に一度振り返ってみてはいかがでしょう。

(本来、施餓鬼供養は、お盆の時期に限らず行われるものです)

eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ