説話(隣の芝生は青く見える)

このことわざは我々の生き方を表しています。自分が持っているものではなく、持っていないものに対しての欲(未練)や羨(うらや)ましいと思う心理状況を表現しています。これを仏教の角度から紐解くと深い意味を持っています。

自分が持っていない物事について未練を感じるということは、いま現在不満を感じているという意味です。軽い精神的な不満で終わらないのです。様々な物事に気づくたびに心に不満の波が立つのです。人々は現実的な思考より、妄想、空想が好きなのです。

妄想には、「非現実的であること」、「実現は不可能」という二つの特色があります。ですから、いくら妄想を続けても飽きないのです。実現できないものだから、妄想して喜ぶより他に方法がないのです。隣の芝生は青く見える、という現象は我々の人生そのものです。

欲しい、羨ましい、と思うことには「挑戦する。努力する。目標にする。」などというポジティブな見方もできます。

隣の芝生が青く見えたら、その次に見るものは・・・。

eお坊さんねっと 説話集

参考:「パティパダー巻頭法話」(http://j-theravada.net/howa/index.htmlA・スマナサーラ長老より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ