説話(お彼岸について)

春の彼岸、秋の彼岸と年に二回のお彼岸がありますが、「暑さ寒さも彼岸まで」ということばが示す通り、春には漸く寒さも遠のいて花だよりもちらほら聞こえる頃、秋には夏の暑さも和らいで涼しい風が心地よい頃がお彼岸です。お彼岸は七日間ありますが、その中日は春分の日・秋分の日といって太陽が真西に沈むのに因んで、阿弥陀様の西方浄土に向かって手を合わせ、後生の安楽を願ったものです。
彼岸は仏の世界、此岸(しがん)は私たちが四苦八苦する迷いの世界(現世)です。

いうならば、彼岸は遠く、此岸はなれ親しんだ世界です。

ふと、「今の自分、これでいいのだろうか」と考えることはありませんか。そのような時、ご先祖や亡き方へ思いを馳せたり、自身の心のあり様を見直したり、そんなきっかけになるお彼岸です。

eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ