認知症:認知症の人への支援とは(心のバリアフリーと人間の杖)

認知症の人は自分の傷害を補う「杖」の使い方を覚えることが出来ません。メモなどの書き物にしてもうまく思い出せないことが多くあります。

認知症の人への支援は傷害を理解し、さりげなく援助できる「人間の心の杖」が必要です。

交通機関や店など町のあちこちに温かく見守り適切な援助をしてくれる人がいれば外出も出来、自分でやれることも随分増えるでしょう。

心のバリアフリー社会の輪をつくることが大切です。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ