認知症:認知症を引き起こす主な病気(アルツハイマー病)

認知症を引き起こす主な病気として、「・アルツハイマー病、・レビー小体型認知症 ・前頭側頭型認知症 ・脳血管性認知症 ・その他」があります。

今回は、「アルツハイマー病」についてです。[約50%を占めます]

大脳皮質連合野(大脳皮質運動野と感覚野の間に介在し、高次の精神機能を営む大脳皮質の領域)や海馬領域(脳内にある器官で、記憶に深く関係している)を中心にβアミロイドというたんぱく質のゴミ、続いてタウンタンパクが神経細胞内に蓄積し、神経細胞のネットワークが壊れると発症します。

比較的早い段階から記憶障害、見当識障害のほか、不安、うつ、妄想が出やすくなります。

変性疾患のひとつで、脳の細胞がゆっくりと死んで脳が萎縮します。

参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

認知症サポーターのひとりごと

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ