認知症:認知症を引き起こす主な病気(前頭側頭型認知症)

認知症を引き起こす主な病気として、「・アルツハイマー病、・レビー小体型認知症 ・前頭側頭型認知症 ・脳血管性認知症 ・その他」があります。

今回は、「前頭側頭型認知症」についてです。

司令塔役の前頭前野(思考や創造性を担う脳の最高中枢です。最もよく発達した脳部位であるとともに、最も遅く成熟する脳部位です。老化に伴って最も早く機能低下が起こる部位の一つです。ワーキングメモリー反応抑制行動の切り替えプラニング推論などの認知実行機能を担っています。また、高次な情動動機づけ機能とそれに基づく意思決定過程も担っている。さらに社会的行動葛藤の解決や報酬に基づく選択など、多様な機能に関係しています。を中心に傷害されるため、がまんしたり思いやりなどの社会性を失い、「わが道を行く」的な行動をとる特徴があります。

変性疾患のひとつで、脳の細胞がゆっくりと死んで脳が萎縮します。

参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

認知症サポーターのひとりごと

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ