説話(仏花はどうしてこちら向き?)

仏壇もそうですが、お寺にお参りしても供えてある花は私たちの方を向いているのは何故?
仏壇や墓前に花をお供えする時、仏さま、ご先祖さま、どうぞこのきれいなお花をお受けください“という心で捧(ささ)げます。気持上、花は向こう向き?と思うかもしれません。がしかし美しい形で供養したいと思う心を捧げると同時に、仏壇や墓所を飾るという意味合いも大切です。そうすると、向こう向きのままでは飾るということにはなりません。試しに一度、向こう向きに供えてみてください。なんだか楽屋裏(がくやうら)をのぞいているようで変です。やはりこちら向きの方がきれいで気持ちも落着きます。きれいに飾られると仏さまの荘厳(そうごん)さもより増します。私達の清々(すがすが)しい心が仏さまやご先祖さまに伝わります。その喜ばれた気持ちがまたこちらへ伝わって供えた側の喜びにもなります。

eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ