説話(拝む)

埃(ほこり)がついた身体は洗い流すことはできますが心の埃を拭(ぬぐ)いさることは難しいことです。
物質的に豊かになれば、それにつれて私たちの欲望も増え欲には際限がありません。
宝石は掘り出された時は一塊(いっかい)の原石ですが、それに磨きをかけると美しい光が出てきます。しかし、ただの石ころをいくら磨いても光は出てきません。それと同じように、もし私たちの心の中に光るものがないとしたら、どんなに熱心に修行したとしても、心の埃は拭いきれないでしょう。
お釈迦さまは人は元来、仏になる可能性を備えていると説いています。それを仏性(ぶっしょう)といい誰もが持ち合わせています。
言い換えると私達のもっている仏性は心の埃に覆(おお)われていて光が出てきにくいのです。しかし、意識して心の埃を拭うこと、そして清々(すがすが)しい気持ちで感謝し手を合せる(見える行為)。日頃から、そんな気持ちに心掛けて一歩一歩歩んでゆくことは大切なことだと思います。 

eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ