« 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:非日常の事柄で混乱する) | トップページ | 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:眼に見えない仕組みが理解できなくなる) »

2017年1月27日 (金)

認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:非日常の事柄で混乱する)

非日常の事柄で混乱します。

いつもと違う出来事で混乱しやすくなります。例えば、

急な、家族の入院で混乱したり、葬式での不自然な行動などから認知症が発覚する場合があります。

予想外の出来事が起こったとき、「補い守ってくれる人」がいれば日常生活は安定して維持できます。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

« 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:非日常の事柄で混乱する) | トップページ | 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:眼に見えない仕組みが理解できなくなる) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:非日常の事柄で混乱する) | トップページ | 認知症:症状(中核症状:理解、判断力の傷害:眼に見えない仕組みが理解できなくなる) »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ