説話(有り難う)

「有(あ)り難(がと)う」という言葉、私たちは日に何回いっているのでしょう。
有り難いとは、有ることが難(むずか)しいことですから、「めったにないこと」ということです。
仏教では、『人身(にんしん)受け難(がた)し今すでに受く 仏法(ぶっぽう)聞き難(がた)し今すでに聞く』といって、この世に人として命をいただいて生まれてくることは非常にまれなことだと考えるのです。命あるものは、土の中や草むらにいる虫から、海の中のおきあみや小川のメダカのようなものまでを数えると無数です。それら生き物の数に比べた人間の数は何億何兆分の一でしょうか。何に生まれるかわからない中で、いま人の命をいただいていることは、そんなにも稀(まれ)なことなのです。 
それは「有(あ)ること難(がた)し」なのです。ですから、めったにないことに巡り会う、また、めったにないことをしてもらったときに「有(あ)り難(がた)い・・・有り難う」という言葉が生まれたのです。「有り難う」は感謝の言葉です。いま自分がどれほど恵まれているかに気づくとき、有り難いなぁという感謝の念(おも)いが湧いてくるはずです。
eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ