情報セキュリティ(個人に関する情報の公開の判断と被害の事例)

インターネットで公開した情報は、いろいろな人が閲覧する可能性があります。そのためインターネット上で、氏名、年齢、住所、電話番号、写真、動画などといった個人に関する情報を公開することの危険性について、きちんと認識しておかなければなりません。

個人に関する情報の公開の判断は慎重に行うべきです。さらに自分以外の家族や他人の個人に関する情報を、本人の許可なく掲載することは厳に慎まなければなりません。

個人に関する情報の公開にあたって、問題となりやすい事例には以下のようなものがあります。

・ネットストーカーによる被害 

SNSと個人情報・プライバシーの関連被害

・メールアドレスの公開 による被害

・投稿者と被写体(写真、動画など)の関係が分かることによる被害

参考: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/attention/02.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ