日本語あれこれ(たらい回し)

“物事を次々と送り回す”ことを「たらいまわし」といいます。これは明治~大正(江戸という説も)時代にかけて流行った曲芸で、曲芸師たちが「仰向けになって足でたらいをくるくると回します。ある回数まわしたら次の人(曲芸師)に受け渡していく」状態を指して言います。文字通り「たらいまわし」です。

『因みにここでいう「たらい」とは洗濯機が無かった時代、主に洗濯用として造られた丸い形をした木製の桶(おけ)です。近年ではプラスチック製、サイズも材質も様々で洗面器、洗い桶とも云います。小さいものは顔や手を洗うために使われることから「手洗い」が縮まって「たらい」という説があります。』

この状態を指して、たらい回しとは「一つの物事を責任をもって処理せずに次々と送り渡すこと」と辞書には解説してあります。こういった意味合いから「責任回避などから順繰りに送り回すこと」とか「誰も責任をとらず事柄を引き受けようとせず次の人(所)に回すこと」、挙句は「たらい回し(順送り)人事」などと使われることがあります。

曲芸として人を楽しませたことから生まれたこの言葉、今やマイナーなイメージで使われることが多くなっています。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ