日本語あれこれ(引導を渡す)

「いんどうをわたす」と読みます。

そもそも「引導」とは、「人に対して仏法を説いて教え導き、心の迷いを覚まさせる」という手段のことを云う仏教用語でした。それがやがて葬儀の際に僧侶が、亡くなられた方が迷うことなく悟りの道へ向かえる(導く)ように唱える経文や法語(仏教の教えなど所作(行為)のことを言い表すようになりました。

又「引導」には、「手引きする」「案内する」という意味もあり諸説ある解釈などから亡くなられた方へ「引導を渡す」は、最期に贈る言葉とされています。

この言葉、これら意味合いを込めて一般的にも使われるようになりました。例えば、「今後一切の面倒をみない」などということを理解させるために最終的な宣告をして諦めさせる」場合や、「もう後は無く退路は立たれ状態を相手に観念させる」ときなどにも使われるようにもなりました。

このように「息の根を止める」とか「最後通牒を突きつけて観念させる」場合などに使われる、極めて強い意思表示の言葉です。

現代で云えば、サラリーマンにとっての“肩たたき”は痛烈な「引導」です。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ