認知症:症状の事例「徘徊(進行した状態)」

徘徊は根本となった原因を考える必要があります。

例示です。『Aさんは、家に中でも外でも、じっとしないで歩き続けるようになりました。人や物を押しのけて、突き飛ばして歩くようになりました。』

→進行していると推測できます。

常に誰かの見守りが必要で、介護支援が必要な状態です。

薬での治療が有効な場合もありますので、医師への相談も行ないます。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ