日本語あれこれ(四六時中)

「しろくじちゅう」と言います。一日中、終日又は日夜のことを言い表す言葉で良く使います。

昔(江戸時代)は、一日の時間を、「子(ね)の刻」とか「丑(うし)の刻」というように干支(えと)の十二支で表していました。(昼夜六つの刻(とき)があったのです)

つまり一日は十二刻(とき)です。一刻(とき)は今の二時間です。(時代劇などでご存知かと)

従って元々は、一日中のことを「二六時中」→(2*6=12)と言っていたのです。

時代が変わり一日が二十四時間制に改まり「二六時中」が「四六時中」になったのです。

「ことば」にも歴史が反映されています。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ