情報セキュリティ(ユーザアカウントを不正に利用されないようにするには)

他人に自分のユーザアカウント(利用者を識別するための情報で、ユーザ名、パスワード、環境設定、使用権限などが含まれます)を不正に利用されないようにするには適切なパスワードの設定と管理が及び適切で安全なパスワードの設定が必要です。適切で安全なパスワードとは「他人に推測されにくく、ツールなどで割り出しにくいもの」を言います。例えば、

(1) 名前などの個人情報からは推測できないこと

(2) 英単語などをそのまま使用していないこと

(3) アルファベットと数字が混在していること

(4) 適切な長さの文字列であること

(5) 類推しやすい並び方やその安易な組み合わせにしないこと

などがあります。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/privacy/01-2.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ