情報セキュリティ(フィッシング詐欺への対策)

・Webページにアクセスする場合は正規に通知を受けているURLを直接入力するか、普段利用しているWebブラウザのブックマークに正しいURLを記録しておき、毎回そこからアクセスするようにするなど、常に真正のページにアクセスすることを心がけます。

・通常、ログインやクレジットカード番号などの重要な情報の入力画面では、SSLという暗号化技術を利用します。重要な情報を入力するWebページでは、SSLが採用されているかを毎回確認します。SSLで通信が行われていることは、WebブラウザのURL表示部分(アドレスバー)や運営組織名が緑色の表示になっているか、鍵マークが表示されているか、などで確認できます。

・金融機関などの名前で送信されてきた電子メールで通常と異なる手順を要求された場合には内容を鵜呑みにせず、金融機関に確認します。 出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』 (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/05.html)をもとに編集 マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ