日本語あれこれ(源清ければ流れ清し)

“みなもときよければ ながれきよし”です。

意味は文言の通りで「清らかなに澄んだ水が湧き出る水源を持った川は、下流も自然に清らかになっている。」です。このことわざを人の人生(生き様)に照らしてみて勝手解釈してみると、「大本(おおもと)が正しければその末端もまた正しくなる。即ち、上に立つ者が汚れなく正しく生きていけば、下の者も自然に正しく生きることになる。」ということになります。人は背中を見て育ちます。立派とは言えなくても、せめて後ろ指を指されない背中を持ちたいものです。

正に生き方の「基本と正道」を表したことわざです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ