認知症:(1300万人以上が認知症およびその予備群に)

2025年には、団塊世代のすべての人が75歳以上の後期高齢者に達する。厚生労働省は、認知症の人が2025年に最大730万人にのぼると発表している。しかし、その予備群とされる軽度認知障害(MCI)の人数は明らかにしていない。すでに発表されている軽度認知障害の有病率と、複数の専門家等の知見を重ね合わせ算出した結果、2025年には軽度認知障害の人は580万人を超えるとういう推計があります。

認知症高齢者の数と合計すると総数は1300万人に達し国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいはその予備群の人になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性があるともいう。

こういった予測に対して事前対処・対応など具体的な対応が必要な時期になっています。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:日本社会が直面する認知症「1300万人」時代

2017/3/25() 9:10 Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/feature/565より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ