認知症:(「認めたがらない」立ちふさがる壁)

2025年に「認知症1300万人時代」を迎える日本。この「認知症社会」とも呼ぶべき社会でいったい何が起きるのか。早期対応の必要性はわかっていても、多くの人は検査などになかなか踏み切れない。「誰もが早期の対応が大切だと認めていても医師が『あなたは認知機能低下の恐れが高い方なので来て下さい』と声かけても『私はそんな人間ではない』と拒否することが多いらしい。家族が『様子がおかしい』と思って、認知機能の検査などをすすめても本人は『自分は違う』と認めたがらない。わが身内においても同じことが起きていた。

又一部において、本人ならずとも家族においても、認知症そのものを隠したいのではないかなどと思われることがあるようです。こうした認知症の疑いがあることを認めたがらない現実にどう対応していくかが重要です。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:日本社会が直面する認知症「1300万人」時代

2017/3/25() 9:10 Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/feature/565より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ