日本語あれこれ(ネコババ)

悪事、特に「他人のものを隠し、自分のものにする」ことを意味します。

この言葉の由来についてですが、まずネコババの「ババ」は漢字で書くと糞、つまり“ふん”のことです。

猫には糞(ふん)をした後に後ろ足で砂をかけて隠す習性があります。この仕草(行為)から言われ始めたのが「ネコババ」です。一説では糞のことをババと呼ぶのは江戸時代の後期あたりからと言われていて、その時代の幼児語です。(さしずめ今の時代での表現では「ウンチ」になります。

猫にとっては迷惑な表現かもしれませんが、猫からすれば(見方と解釈を変えれば)ウンチをした後そのまま放置せず、砂をかけておくのだから律儀でしょうと思っているかも知れません。

この「ネコババ」広義には、悪事を行ったことを隠し、そ知らぬ顔をする場合の表現としても使われるようです。

落とし物をしても高い確率で持ち主のもとに戻るといわれている日本、安全安心な文化というか心構えは続いてほしいものです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ