日本語あれこれ(秋晴れ)

秋晴れとは、「秋の空気が澄んで空が抜けるように青い晴天」であるときに感じるものとされています。また台風が通過した翌日に、よくこのような天気が現れます。一般的な会話でも「秋晴れ」という表現がされます。また、ビジネス文書や手紙では時候の挨拶として「秋晴の候」が秋の季語として使われます。

然るに、立秋も過ぎたし、空気も澄んで空が抜けるように青い晴天であるから秋晴れだ!なんて思ったら間違いのようです。(感じ方は人それぞれでしょうが)

一般的な季語としての表現での秋晴(秋晴の時期)は概ね、10月初めから10月終わりまでが「秋晴の候」ということになるようです。これらは厳密に決まっていることでもありませんが一般的には、というとらえ方です。

世界的な環境破壊が原因なのか、大きな地球規模での流れ(変化)なのか定かではありませんが、気候に大きな変化が起きていることは現実です。風流な表現や季語(その他表現や季語を含めて)などがいつまでも使えるかどうかも怪しいと思うのは私だけか?

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ