日本語あれこれ(日本晴れ)

「一点の雲もなく晴れわたった空。心が晴れ晴れとしていること。心にわだかまりなどがまったくないこと。」ことであり清々しい気持ちなどを表現する言葉とされています。

言葉の由来にはさまざまあるようで、そのうち一つが、江戸時代の流行語のひとつとされている“日本一”です。これは現代でも意味合いは同じで、大きいもの、強いもの、豪勢なものを、「立派だ。最上だ。」などとはやし立てる言葉です。これらの意味合いから、よい天気の日(最上の晴天)のことを「日本晴れ」と使っていたことが語源のようです。

この「日本晴れ」という表現は、季節を問わず使ってもおかしくない表現ですが、そのように感じる日がどのくらいあるか?と思う近年です。世界的な環境破壊が原因なのか、大きな地球規模での流れ(変化)なのか定かではありませんが、気候に大きな変化が起きていることは現実です。

江戸時代には、日本晴れといえる清々しい日々が多くあったでしょう。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ