説話(過去、現在、未来)

「過去」も「未来」も「現在」も仏教に語源をもっていて、それぞれ、

「過去」は、「行ってしまった(ものごと)

「現在」は、「いまある(ものごと)」「いま起こりつつある(ものごと)

「未来」は、「まだやって来ていない(ものごと)
の意味合いがあります。仏教では、「時の流れ」よりも「ものごとの流れ」の方を重視します。時が過去から未来にむかって流れているというのではなく、「いまだやって来ていない」ものごとがやってきて、やがて「行ってしまう」というのです。では、ものごとは、どこにやって来て、どこから行ってしまうのかというと、それは、私のところにやって来て、私のところから行ってしまうのです。私のところには、どのようなものごとがやって来るのかというと、あちらが勝手気ままに押しかけてくるのではなく、私が選んで招待するのです。つまり、私しが、いま、なにをするのかで「未来」が決まるのです。

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ