説話(勘弁)

「ごめんなさい」と同じような意味合いで使う「勘弁してください」という言葉の「勘」は「調べる」、「弁」は「見分ける」という意味があります。
師匠(先生)が、弟子(生徒)と個人面接を行い、その考えや心の働きを調べ、見きわめること。その上で、これならば合格ということになれば、「免許証」みたいなものが下りることになる。おそらくそのあたりから「勘弁する」は「許す」を意味するようになったと云われているようです。
「もういいかげんに勘弁してくださいよ」というのは、「もうこれだけ反省しているんですから、その私の心を見きわめて、これでよしという許可を下ろしてください」ということであり、「いやいや勘弁ならない」というのは「おまえのやったことは、とんでもなく悪いことだ。おまえの心の中がどうであろうと、そんなことに構ってはいられない。おれは本当に怒っているんだぞ」ということになる。なにげなく使っている言葉ですが、心理的な駆け引きが含まれています。

 「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

 IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ