説話(我慢)

「苦しくても我慢する」「やせ我慢」などと使われる「我慢」は、耐える、辛抱するという意味ですが、本来、辛抱とは全く関係のない言葉でした。「我」は自分、「慢」は慢心のことで、おごり高ぶる心を意味します。つまり、自分を高く評価して心が高慢であること。または、自分自身に固執して他人をあなどること。言いかえれば、うぬ惚れ、思い上がりのことを指します。

この我慢が辛抱という意味に用いられるようになったのは、自尊心という我が、ある程度強くなければ、苦難を辛抱するだけの気力が出ないと考えられたところからで、辛抱の意味に用いられるようになったのでしょう。

 『長所もうぬ惚れると短所となり、短所も自覚すれば長所となる』

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ