説話(玄人)

「その道の専門家」という意味に用いらいます。もとは中国で使われていた仏教用語です。
「玄」(げん)は「黒」のことですが、「墨染の衣」(すみぞめ)というように、中国で僧侶は基本的に黒い衣を着ていたので「玄人」、つまり「黒い人」というのはお坊さんのことをいいました。その対比で、お坊さんではない人のことを、「素人」(しろうと)つまり「白い人」とよんだのでした。やがて僧侶のことだけでなく、広く「その道の専門家」という意味に用いられるようになりました。価値多様化の現代、とかく玄人は、その専門のワクゆえに、えてして時代に取り残されがち、保守的になりがちです。「しょせん、素人の考えることは」などとタカをくくっていると、井の中のかわずになりかねません。
専門家の道もなかなか厳しいものがあります。しかし今日では、「プロフェッショナル」あるいは「その道のプロ」と言った方がなじみがいいようです。

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ