情報セキュリティ(電子メール誤送信の対策)

電子メールの誤送信対策の事例

・メールアドレスの宛先(TO: CC: BCC:)の設定を間違えないように利用する。

・個人情報やプライバシー情報が含まれた電子メールを安易に送信しない。

・誤送信した場合に第三者に電子メールを見られる可能性があるため添付ファイルなどを送る場合は、ファイルを暗号化したり、添付ファイルにパスワードを設定する。

・メールアドレスの誤入力など、意図しない宛先に電子メールが送信されてしまうことを防ぐため、送信する際に宛先などを確認する画面を開くように、あらかじめ電子メールソフトに設定する。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security02/12.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ