日本語あれこれ(奥さんは山の神?)

「世の亭主族にとって一番怖いものは」ということになると会社の上司でも他の誰かでもなく女房(奥さん)というご仁が多いのでは?

これは今に始まったことではなく神代の昔からと云われています。というのは、古代は自然崇拝の時代で「山の神」つまり山を支配する神は怖い存在として捉えられていたのです。『おかみさん』と『山を司る神様(かみさま)』とが相まって『山の神=奥さん』となったらしいのです。

『おくさん』と呼ぶのも『奥のほうに』あって、やはり怖い存在ということからのようです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ