説話「除夜の鐘(じょやのかね)」

大晦日(おおみそか)の夜、寺々でつかれる除夜の鐘の音を聞きながら、過ぎ去った1年を思い、新しい年への期待をこめるのが日本人の習慣となっています。

除夜とは、除夕(じょせき)ともいい、1年で最後の晩、おおみそかの夜のことです。

行く年を送り、来る年を迎えるに当たって、私たちは過去の垢(あか)を落とします。部屋を掃除し、身体の垢を風呂で流します。

しかし、心の垢はそう簡単に落ちるものではありません。私たちの心の垢は煩悩(ぼんのう)と言い、百八もあるのです。その百八の煩悩を除去し、清浄な心身で新年を迎えるため、寺々では百八つの鐘を、除夜につくのだといわれています。

行く年に感謝。そして来る年に希望を!!

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考「楽しい仏教用語」(http://www.terakoya.com/yougo/b_yougo.html)より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ