« 心に残ることば「集中すれば、実力以上の力を発揮できる」 | トップページ | 心に残ることば「新しいものを買う前に」 »

2018年3月 5日 (月)

心に残ることば「集中すれば、実力以上の力を発揮できる」

『一人の人間が持っているだけの精力を一時に傾注すると、実際不可能な事はなくなるかも知れない。』森鴎外(明治、大正期に活躍した小説家。軍医として任官する傍ら、「舞姫」などの小説を執筆した。)の小説「雁」の一説より。

この言葉にある「傾注」とは精神や力をひとつのことに集中することで、「人間が本気になってひとつのことに集中し、全精力を傾ければ、きっとどんなことも成し遂げられる。」という意味合いがあります。

ある心理学の研究によれば人間の集中力は約二十分~二十五分しか持たないといわれています。その後十分程度の休憩を挟めば、また集中力を取り戻せるとされているようです。それならば、なぜ授業時間に五十分が多いのは何故?という疑問が生まれます。

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

« 心に残ることば「集中すれば、実力以上の力を発揮できる」 | トップページ | 心に残ることば「新しいものを買う前に」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に残ることば「集中すれば、実力以上の力を発揮できる」:

« 心に残ることば「集中すれば、実力以上の力を発揮できる」 | トップページ | 心に残ることば「新しいものを買う前に」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ