« 日本語あれこれ(迷宮入り) | トップページ | 認知症:若年性認知症への支援(診断後の対応) »

2018年6月 7日 (木)

認知症:若年性認知症への支援(異変に気づくのは職場)

若年性認知症は働き盛りの年代で発症するため、本人や家族、職場に様々な影響が現れます。老年期で発生する認知症とは異なる支援が必要です。

・症状に気づくのは家庭よりも職場である場合が多い。

・職場では、高度な状況認識力、判断力、実行力、協調性などが求められるため、わずかな能力の変化に気づきやすい。

・同僚や上司など気づいてくれる人が多い。

・家族は、兆候があっても認知症と受け入れ難く、ストレスや疲労、うつ病、更年期障害などと思い込みやすい。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

« 日本語あれこれ(迷宮入り) | トップページ | 認知症:若年性認知症への支援(診断後の対応) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/66803033

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症:若年性認知症への支援(異変に気づくのは職場):

« 日本語あれこれ(迷宮入り) | トップページ | 認知症:若年性認知症への支援(診断後の対応) »

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ